スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声優検定・鳥さん編

2009–08–22 (Sat) 23:49
こんなのあったのでやってみました~v



声優「鳥海浩輔」様 powerd by けんてーごっこ

で、結果はコレ↓(^^)


この検定に挑戦する


まさか満点取れるとは自分でも思ってなかった…。
でも、出典はほとんどWikiみたいだから当然かもね。
鳥さんのWikiは、私、何回も見てるもん(^^;;
スポンサーサイト

詳細レポ「PandoraHearts」スペシャルイベント『Knave of Hearts』

2009–05–10 (Sun) 23:32
久しぶりの日記なのに、いきなりのイベントレポートです。

最近の私は、テイルズ・オブ・ヴェスペリアとパンドラハーツに大ハマリなんですよ。
双方ともに、私の大好きな声優・鳥海さん出演です。
ヴェスペリアは主役のユーリ。
パンドラハーツはメインキャラのレイブン。
このキャラ二人に熱烈「萌え」真っ最中です。
夢中になれるものがある時って、本人とっても幸せでして…。

以下、興味のある方のみ、どうぞご覧下さいね。
(この記事は、mixiともう1つのブログとも同じものです)

パンドラハーツイベントポスター
追記 – open

PS2版咎狗の血について

2009–04–19 (Sun) 23:53
いや~、久々の咎の記事だ・・・・(大汗)

本っ当に遅ればせながら、PS2版「咎狗の血 -True Blood-」をやっとフルコンプいたしました。
早々に購入してたくせに、ケイスケ編をクリアしたとこで嫌んなって、しばらく放り出してたんですけどね…(汗)
でも一応私の持論として、ちゃんと最後まで見ていないものについては語る資格なし!というのがありまして。

以下、結構辛口コメントが続きます…。
追記 – open
テーマ→咎狗の血 / ジャンル→ゲーム

「絶対服従命令」プレイ感想

2006–07–22 (Sat) 15:37
(レビューってほど詳細な感想書いてない…)

そーいえば、つい最近18禁BL「絶対服従命令」のPCゲームをクリアしたですよ。
当然コンプリです。
ランクSでしっかりクリアしたんで、ちゃんとTOP画像も甘々モードのに変わってくれました。
ご報告するの、す~っかり忘れておりました(ダメじゃ~ん)
本当は「is」の方をプレイしようと思ってたんですけどね。
こっちは2作なんで、ちょい時間かかるかなぁ、と先にキアとルイーズに逢ってきちまいました。
(どちらも鳥海さん出演作品)

水瀬さんのレビューを読んでて「攻めX攻め」のBLゲームだと知ってて始めたわけですが…。
まあ、確かに面白かったかな。
咎ほどハマりませんでしたけど。
画像も綺麗だったし、音楽も良かったです。
もちろん声もね。豪華だったし。
けどねー、やっぱ鳥さんのキャラが、ちと不満・・・(ぐす)
攻めも受けもあったから、悪かぁないんだけどね、うん。

その他にも、
純情熱血・檜山さんの受けだとかね…。(しかも輪姦アリ…)
クールな美形スパイ・鈴村さんとかね…。
ストイックな美形もできるの?な一条さんの受けとかね。
偉そうなんだけどなんか似合ってる谷山さん受けとかね。
さすがにBL常連さんたちオンパレードでしたね。

だけど、やはり主役二人が美味しいですわ。当然だけどさ。
そのお二人の声は、私はあまりよく知らなかったんですが、とにかく良かったです。
(ツッコミどころも満載だったけど…)
テーマ→咎狗の血 / ジャンル→ゲーム

BL小説考察2

2006–07–10 (Mon) 22:12


今ちょっとハマって読んでいるシリーズがあります。
ハマってるってぇのは少し違うかな…。
ルビー文庫から出てるM・Rさんの「~恋愛契約」という、たぶん2~3年前に発行されたシリーズです。(ここまで書けばバレバレだなー)

私も「BLは乙女の夢なのよ!」と言って憚らないヤツですが、このシリーズには負けます…(^^;;
いや、もう、なんつーか・・・。
売れっ子作家さんらしく、心理描写や情景描写はさすがプロって感じなんですよ。
タイトルに恋愛契約とあるために、そういう内容に強引に持っていってるのもまだ納得できる。
でもね、話の展開が余りにも短絡的というか乙女チック過ぎるというか……。
受けの男の子たち、なんであんなに女性的なものの考え方や行動をとるのか(溜息)
攻めの男性たちも、なんであそこまで相手を女みたく可愛がって甘やかしてくれるのか……。
それも、愛してるだの美しいだの可愛いだのかっこいいだの…こそばゆくなるほどのほめ言葉をバンバン喋ってくれるし(大汗)
(一目惚れはまだいい。でも、すぐに「愛してるんだ」はないだろ…)
いきなり最初っから「君こそ運命の人だ」「君ほど美しい人はいない」「他のどんなことより君が大切なんだ」当等・・・。
「あー、はいはい。勝手にやって!」と言いたくなる。
少しずつ時間と逢瀬を重ねて、そうなっていくならまだしも。
まあ、そうなってからも、そんな簡単にドンドコサービスしてもらいたいセリフでもないですがね。
ここぞ、という時に言ってこそ価値があるんだろうがよー。(ま、相手が外国人のお話のは、その方が自然なのかもしんないけどね。あっちの人たちは感情表現ストレートだからさ、日本人と違って)
まあきっと、そこに読者層であるだろううら若き乙女たちが共感してるのかもしれませんが。
ちょっとトウが立った元ヲトメには(いやいや、今でも十分現役のつもりでおりますが)、こっ恥ずかしいセリフ以外の何物でもございません。
(それでも読んでるんだけど…)
合意の上で契約結んだんなら、むやみに反発すんじゃねーよ!
誤解されるの覚悟で契約させたんなら、組み敷いてから半端なとこで止めんなよ!
よく、男は頭で考え、女は子宮で考える、などと言いますが、このコたちはみごとに無いはずの子宮でモノ考えてるよ(爆)
自分が受けだの攻めのはずだの、堂々と悩んでるのもなんか笑える…。
とっても素直なのに自己中心的短絡思考ってのも、なかなかツワモノたちです。
(だけど読んでるし)
売り言葉っぽい相手の子供のなんてことないセリフ一つで、おろおろして説得しようともしないかっこいい大人な彼氏たち。まあ、さっさと気持ちが伝わったんじゃお話が早く終わってしまうしね。すれ違いも恋愛のエッセンスではありますが、さ。
恋愛契約を結ばなきゃならないからゆえの展開だとしても、終始イライラしっぱなし。
シチュエーションもかなりベタだし、その後の展開が簡単に予想ついちゃうし。
それでも読んでしまうのは、やはり書き方が上手いからでしょうか…う~ん。
やっぱ、私も乙女だっちゅーことですかね? ちょっと図々しいかいな?(^^;;

ま、私の場合、必ず読破してからでないと批評批判はしないって信念がありますから、読んでるのもあるんですがね。
でも決して嫌々じゃなく、結構楽しく読めているあたりが…なんとも不可思議なシリーズであります。
テーマ→咎狗の血 / ジャンル→ゲーム

「ぷりプリ」終了♪

2006–03–11 (Sat) 16:09
とっても面白かったです。素直に(^^)
鳥海さんの演った隠しキャラ・ヒースもかっこよかったしねんv
本当は細かいイベントなど、まだ見られてないのもあるみたいなんですが、とりあえずは満足かな?
以前の私なら、スチルだけでなく本当にすべてのイベントを見ないと気がすまなかったんですが、今はとてもそんな時間ないし・・・(涙)
ですから、データ的には一応フルコンプでも厳密に言うとフルコンプとは言えないんですが、私の中での「ぷりプリ」は完了です。

しかし、面白かったしすごく良かったとは思うけど、この咎狗みたくサイトまで立ち上げようとまでは思えなかったし萌えなかった・・・。
やっぱアレですかね。
「受け」の違いですかね(爆)
「ぷりプリ」の総受け主人公(笑)クルトは、見るからに受けの可愛い頼りない感じのキャラ。
対して、アキラは男にしては綺麗だけど、ちゃんと骨のある「男」だし。
そういうギャップがあってこそ、きっと私は萌えるのね。(私ら?)
とっても無愛想で男っぽくてかっこいいのに、いざ受けの体勢になるとそこらの女よりも色っぽくて艶やかで。むっふっふ。
もちろん、その形容まんまのあの鳥さんの声もあってのことですが。
きっと鳥海さんの声じゃなかったら、ここまで咎にはハマらなかっただろうな、私は。
元々が声フェチなので、声にかなり左右される人なんですよ、うん。

だから、やっぱり咎がイイ!

あれ?
「ぷりプリ」のプレイ感想書いてたはずなのに、いつの間にか咎の良さの再認識になってるよ?(大汗)
………ま、いいか。(いつものことねー)
テーマ→咎狗の血 / ジャンル→ゲーム

ぷりプリ!

2006–03–08 (Wed) 19:50
今、BLゲーム「ぷりプリ」をプレイしています。もち、18禁のパソゲーです。
毎日、まだ慣れない仕事で忙しいんですが、そういう時こそやりたくなるんですよね。なんてったって、ゲームは私の一番のストレス解消法だから。
(義母がいるんで、今はPS2はできない…)

以前にも、萌え語りで「やってみたい」と書いてたと思うんですが、これ、鳥さんが出演してるんですよねー。
だけど、私はどうも大きな勘違いしていたようで・・・(大汗)
先割れ三兄弟(笑)ならぬ、「先割れ」名の声優さんたちについてです。
先割れスプーンが鳥海さんなのは当然ですが、先割れチョップスティックさんと先割れ丼さんは別人でした。くそう、てっきり鳥さんが3役やってくれてるかと期待してたのにぃ。(一人は、よっちんかよ…)
てかさ、皆さん、あまりにもふざけすぎでないですかい? いいけどね、面白いから(^^;;
どうも、声優仲間の中でも仲良しさんたちみたいだしねぇ。

声優さんたちの裏名に「これ、誰だ?」とだいぶ惑わされてたんですが、プレイしてみて当然聞き分けができてきました。
まあ、んなことくらいネット調べればだいたいわかるんだろけどね。

しかしですね。このゲーム、ちょっと別の意味で面白いですよ。
なんかねぇ、通常のBLの受けと攻めが交代してる?って感じで(笑)
あ、主人公はちょっと鈍めのかっわいい王子様(かなり子供っぽい)なんで、完璧に総受けです。だから、主人公との絡みは、当然皆さん攻めになります。
だから、普段通り攻め役の方たちも、もちろんいらっしゃるわけなんですが…。
ベーさんとかー、けんたろーとかー、鳥さんも今回は攻めだしねー。←このへん、いい声三連荘(^^)

だがとにかく、鈴村さんの攻めとかね。
鈴木のちーちゃんの攻めとかね。
岸尾さんの攻めとかね。
でもって、広樹さんの受けにはマイッタね、こりゃ(笑)
いやいや、仲のいい鳥さんに負けじと、か~な~り~色っぽい喘ぎ声でしたが……。
(私はユーリウスは高橋広樹さんだと思いましたが、坪井智浩さんだという情報もアリ。てか、坪井さんってよく知らんし…(ーー;)
しかも極めつけが●Pだってよ・・・(汗)
一見、一番まともそうな風貌のお方たちが一番乱れてるのよ、このゲーム(楽しい……)
鳥さんは全員クリア後の隠しキャラです。
(「ぷりプリ」の攻略可能10人、8+1+1の最後の一人)
最初からいる9人全員のハッピーED見ないと、本当の顔でさえわからないという…。
なんで、まだヤギ声の「メェ~」しか聞けてません(涙)
それも面白可愛いくっていいんだけどさ。(完全にファン心理)
今回は時間もあまりないんで、最初から攻略サイトさん見て、最短ルートでやってます。今、やっと6人終わったところなので、あと一息ってところかな?
鳥さんキャラまでたどりつくには、最短でも4周ですってよ・・・。はぅぅ。先は長いー。
(4股攻略で2周、ステラン&ノーマルENDで3周目、4周目でやっとヒース~v)
それでも、声もよっく知ってる好きな方々ばかりだし、絵柄も綺麗だしエロいし(笑)で、しっかりと楽しんでおりますことよ。
テーマ→咎狗の血 / ジャンル→ゲーム

 | HOME |  次へ »

FC2カウンター

ブログ内検索

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

リンク

プロフィール

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。